--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2010.05.22 23:32

世界遺産の石見銀山から宿に向けて出発!



少し走ると、おっさんが路肩に車を停止。

「車の水温が上がりすぎてる・・・」

ちょっと様子を見て、水温が少し下がったので出発。



えええ!
えええ!






ボンネットから煙りがw=(゜o゜)=w



けむりを吐いて、
変な匂いとともにラジエターの緑の液体が流れ出た・・・



変な匂いを嗅ぎつけ
出てきてくださったひとりのおじさん。



「これは、エンジンまでいってしまったかな?」



とかなんとか言いながら、ボンネットの中を一緒に見ています。
ただのやじ馬?と当初思っていました。



「そこに止めていたらそこの定食屋の邪魔になるから
ここの前に移動させなさいよ。うちはいいから。」



おじさんはOA事務用品屋さんをしていて店舗の前が
ちょうど車1台止められるようになっています。
そこに移動させてもらいました。

とりあえず、JAFを呼び車の横で待機。



「そんなところでいないで、中に入って待ちなさいね。」



おじさん、冷蔵庫からジュースを出してくれ勧めてくれます。
やさしい・・・でも、ずうずうしくいただけない・・・


「あ、そうだ!私の知り合いにも修理屋さんいるから
JAF来るまで見てもらうことにしよう。すぐに呼ぶから。」



即電話入れてくれ、JAFが来る前に呼んでくださいました。
2分で到着。

その修理屋のHさんがラジエターに水を入れ様子を見ているときに、
JAF到着。早っ・・・


JAFに交代。

やっぱり、ラジエターに穴があいていて修理しないとのこと。

JAFさんとこは修理もしているらしく、うちで引き受けましょうか?
との話が出ましたが代車は出せず、レンタカーになりますとのこと。

うちとしての一番の問題は
レンタカーではなく
修理の代車として
車を貸してもらえるか

レンタルしたら、高い・・・
このまま、奈良に帰って修理が終わるまでレンタルしてたら
いくらになってしまうやら・・・

松江空港近くにでも行けば、乗り捨てのレンタカーもあるけど遠い・・・

さっき来てくれた修理屋Hさんとこも修理は出来るけど代車はないと。


おじさんが
「うちの車、乗って行きよ。いいからいいから。
車検受けたばかりで大丈夫。」



いやいや~それはできません・・・いくらなんでも・・・



「いいから、いいから。使いなさい。」



それはできません・・・


そんなこんな押し問答してる横で修理屋Hさんがあっちこっち知り合いに
電話してくれてます。



「うちの知り合いの親戚がラジエターいっちゃって・・・
修理お願いしたいのやけどな。代車があったらありがたいんや。」




長い間いろいろ掛け合ってくれ、ヒットした修理屋さんがありました。
無理やりねじ込んでくださった感ありありで、申し訳ありませんでした。



修理屋Hさんが私たちにこっそりと
「ここのおやっさんと親戚にしといたから、そこのとこよろしくね。」


了解です!


この2人にはほんとう頭が上がりません。
なんぼ頭を下げても下げ足りません。
お礼をいい、その場を後にしました。

一度帰したJAFを再度呼んで
車を修理屋さんまでレッカーしてもらい無事代車に乗り換え
宿に出発です。

出発して即
2人の連絡先を聞いておいたので、電話連絡を入れ
お礼をいいました。


車の中で話してたんですが、
車はパドック入りになって悲しいはずなのに
なんだか、ほんわか心が暖かいような気がしました。

地元の方々のやさしさに感謝です。



ほんまに、よかったよかった♪




あくる日は
墓参りとおばあさんがが入所しているグループホームにも
行くことができました。




車からけむりが出たことよりも何より
石見銀山のすごさより何より
現地の方々が本当に親切なのに感動しました。

ありがとうございました!
スポンサーサイト

テーマ : まったり車旅 - ジャンル : 旅行

| お出かけ | コメント(4) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

v-410てんちゃんたちへ
旅の途中 アクシデントにあいながらも最高の善人たちにめぐり合い
最高にすばらしい日々になりましたね! おばあさんにも逢えて・・・よかったです。 パパ ママもホットな気分にさせていただきサンキュウv-411

| リックママ・パパ | URL | 2010.05.23 07:18 |

よかったですね~。 

てんちゃん、どうなることかと思いましたよ。
偶然にもそういう方っているのですよねぇ。神様が会わせてくださったのかと思うような・・・。
 昔の、石原裕次郎さんの映画の中で同じようなシーンを見たことがあります。
ボンネットから煙が~v-12
その時彼はお店からお酒の一升瓶を買って来てボコボコ入れていましたけれど(笑)

てんちゃんご夫婦をどうしても助けたいと思わせる何かがあったのでしょうね。
いい雰囲気を持っていらしたのですよ。
車もこだわりの大好きな車でしょう?
おばあちゃんのお見舞いにも行けたし本当によかったですね。

| aoisora | URL | 2010.05.23 09:48 | 編集 |

リックママ・パパさん☆

いろんなことがありますよね~
本当にいい人たちに巡り合えました!

私たちも
こんな風にできるかなぁ・・・

おばあさんも元気でした。
うちのおっさんより、髪の毛黒々としてましたよ(笑)

| てんちゃん | URL | 2010.05.24 20:10 | 編集 |

aoisoraさん☆

ほんまに感謝の一言です。
ただの野次馬?って思ったこと反省してます・・・

みんなの暖かさ、やさしさ
無償でここまでしてくださるとは。

裕次郎の映画でもこんなシーンあったんですか!
裕ちゃんはかっこよくって
けむり吐いてても絵になるけど

ほんまに
どうしたらいいものか
途方にくれましたね。あの時は(笑)

| てんちゃん | URL | 2010.05.24 20:17 | 編集 |

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。