--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2010.05.19 17:28

5月15日・16日と島根・鳥取へ行ってきました。

鳥取はおっさん方の故郷。

墓参りと施設へ入所しているおばあさんに会いに行くのが目的。
ですが、なぜか石見銀山メインのような感・・・(失笑)


いつもは日帰りで鳥取のみの行動。
今回は泊まりということもあり、日程的にも余裕があるので
石見銀山 まで行ってきました。

初日の15日にまずは石見銀山へ。

早朝5時半に家を出て、到着したのが昼前。
人であふれかえっているのかと思っていましたが
思っていたほど人もいません(汗)

1週間前には予約しないといけない 大久保間歩ツアー も
当日予約で受け付け完了。

z100154.jpg


1日4回しかなく、定員が20人と少ない。
のにもかかわらず、当日予約でいけたのには
お値段がひとり3800円とお高いからか・・・

12時15分に世界遺産センターに集合。
うちいれて13名の参加。定員割れ・・・
そこで簡単に説明を受けて、バスで大久保間歩まで移動です。

大久保間歩の前までバスで行くと思ったら
いやいや、だいぶ歩きます・・・まさしくちょっとした登山です(汗)

大久保間歩に入る前に
長靴にはき替え、ヘルメット着用、懐中電灯を持ちます。

z100155.jpg
さぁ!間歩の中へ!!



足元はぬかるみ、壁は削られたまま。
カメラで撮影をしましたが、今一つ画像が良くない・・・

z100156.jpg
ようわからんでしょ?
行って見てみないと、間歩内はわからんちん。

ガイドさんの説明を聞きながら進んで行きます。


「端っこの水たまりには足を踏み入れないように!」
とのガイドさん。

懐中電灯を当てて水たまりを見てみると・・・
そこには小さな小さなエビがいました。

こんなとこでも生きてるんだね。



大久保間歩を出て、次は釜屋間歩。
謎の岩盤遺構と言われているこの場所。
岩盤を加工したテラス(平坦地)や坑道、
テラスをつなぐ階段などがありました。

z100157.jpg

z100158.jpg


画像見てもよくわからないでしょ?
行ってみないとほんまにわからんと思います・・・


大久保間部ツアーを終え、次に大森地区に路線バスで向かいます。

大森地区は重要伝統的建造物群保存地区にも指定されています。

古い町並みには向かわずに、まず 龍源寺間歩 にレンタサイクルで移動しました。


z100161.jpg

z100160.jpg

道々にもあちらこちらに間歩が。


z100162.jpg

z100163.jpg
間歩内。
ここは足元もコンクリで固めてあり、またライトも明るいので歩きやすい!!


次は古い町並み。

z100164.jpg

銀細工・雑貨屋さん・お蕎麦屋さんなど
お店が立ち並んでいますが、もう少しにぎわってほしいところ。

レンタサイクルでさらっと流し、
路線バスに乗って駐車場へ。

今晩泊まる宿に向けて出発です。
スポンサーサイト

テーマ : 世界遺産・遺跡・名所 - ジャンル : 旅行

| お出かけ | コメント(2) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

頑張ってますね~。

九州から帰るとすぐに島根、鳥取ですかぁv-237
元気さとフットワークの良さ、ご主人様とは相性バツグンなのですね。
てんちゃんの旅行記と食べ歩き、拝見するたびに「ああ~、若い頃やっておけばよかったぁっ」て
残念に思います。
その時でないと出来ない事がたくさんあります。
年を取ると自分達以外のしがらみがまとわりついてきて身動きが取れにくくなります。

石見銀山、あまりに観光客が多くて排気ガスなどの問題が出て、バス、車など規制しているように
聞きました。
何と言っても世界遺産ですからね~。後、楽しみにしています。

| aoisora | URL | 2010.05.20 16:11 | 編集 |

aoisoraさん☆

高速料金がETCをつけていると1000円!なので
動き回っているんです(笑)

ほんとうに、落ち着きのない・・・

石見銀山は
意外と人が少なかった・・・

もう
ブームは過ぎたのかなぁ。
地元の方も
世界遺産になった当初はすごい人だったけど
今はだいぶん落ち着いてる
とは
行っておられました。

| てんちゃん | URL | 2010.05.22 23:16 | 編集 |

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。