--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2008.07.23 00:16

21日。
奈良国立博物館 の 法隆寺金堂展 に行ってきました。
21日。この日が最終日。
私たちみたいに駆け込みの方が多いのかと思いましたが
意外とそんなこともなく、ゆっくりと見ることができました。


立派なツノ見てや!法隆寺と同じぐらい立派やで~
z800211.jpg



法隆寺は世界遺産
法隆寺の金堂は世界最古の木造建築


そうなんです。はい。

そんな素晴らしい金堂内の諸尊像を
須弥壇(しゅみだん)が修理がきっかけで 目の前で見られるなんて!!

こんなことを言っていますが、私は歴史ダメなんです。
音声ガイドプログラムの力を借りて少しわかったかな・・・


やっぱりすごかったのは、木造四天王立像
クスノキで作られているのに、細部まで木で作られたようには見えないほど。
それに四天王が乗っている台座の邪鬼。
これまた、バリ島ちっくで大好きです。
冠も透かし彫りが見事。


木造天蓋(中ノ間・西ノ間所用)も素晴らしい!
奏楽菩薩(楽器を奏でる天人)や鳳凰の彫刻で飾られています。
鳳凰ですが、ニワトリに見えたのは私だけでしょうか(笑)

本当にいい仕事してます。


行くかどうしようか迷っていた私、やっぱり来てよかった。
これを見られてよかった。

法隆寺で、本当のあるべき場所で見られるかなぁ
見てみたい!!
そういえば、法隆寺に行ったのは小学生の社会見学以来です。
また絶対行こう。



私らのことは放っておいて~
追いかけてこんといて~
z800210.jpg



■奈良国立博物館■
所在地   〒630-8213 奈良県奈良市登大路町50
電話      0742-22-7771
開館時間  9時30分から午後5時まで(いずれも入館は閉館の30分前まで。 )
駐車場は周辺の駐車場を利用してください。
博物館の駐車場はないです。
スポンサーサイト

テーマ : 奈良 - ジャンル : 地域情報

| お出かけ | コメント(2) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

法隆寺

てんちゃん、法隆寺金堂の内部を見られたなんてラッキーでしたね。
あの金堂には聖徳太子も籠られて思索をなさったところですよね。

漫画「日出ずる処の天子 (山岸涼子)」をお読みになりましたか?
うっとりするような聖徳太子が描かれていましたよ。

小学卒業したばかりの息子と2才下の娘を連れて明日香路を旅し、真先に訪れた処です。

ああ、ちょっと違うかも・・・聖徳太子が籠ったところは夢殿でしたね。

| aoisora | URL | 2008.07.23 11:28 |

aoisoraさん☆

法隆寺の宝物と言えば
「玉虫厨子」
しか知りません(汗)
私の中で、社会見学に行って説明を聞いた中で
「虫の玉虫の羽を貼り合わせて装飾を施した」
って言うところが印象的だったんです。

他のことも習ったんでしょうけど
頭の中から消え去ってるわ・・・
あちこちに歴史の遺産があるのに、興味がないと意味がないですね。

「日出ずる処の天子」は読んでません。
探して読んでみます!!

| てんちゃん | URL | 2008.07.23 14:15 |

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。