--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2008.07.11 22:58

会社帰りにおっさんと待ち合わせして
生國魂神社(生玉神社・いくたまさん・難波大社)の夏祭りに行ってきました。

大阪三大夏祭のひとつでもあるこの夏祭り。
会社からもいくたまさんまで1駅という近さなのに一度も行った事がなかった。


11日が宵宮12日が本宮。
今日が宵宮。


何日も前から町中に提灯、幟(のぼり)がはためいています。
今日は昼ぐらいから下町を獅子舞&子どもみこしが練り歩き、
谷町筋では陸渡行のトラックが何台も通り過ぎます。

早々にお祭り気分です。
それなのに
いくたまさんには1度も行った事がなかったんです

谷町九丁目駅からいくたまさんまで、テキヤ(夜店)がたくさん並んでいます。
人人人。

z800191.jpg


私たちがいくたまさんの境内に到着したとき
ちょうど枕太鼓のお練が始まっていました。
だいたい8時過ぎかな?

山車(だし)の中に太鼓が積まれていて、太鼓を叩く人(願人といいます)の「背もたれ」が大きな枕に似ていることからこのように呼ばれています。お練りでは、生國魂神社の境内を所狭しと猛スピードで曳き回し、ときには左右に揺さぶって、ときには勢いよく横倒し(!)にされたりします。 こうして七転八倒する枕太鼓ですが、願人は振り落とされないように綱をもって体勢を維持して、一定のリズムで太鼓を叩き続けます。その勇猛果敢さは、まさに祭りの華。参拝客もその見事さには拍手喝采です。



z800192.jpg

枕太鼓の山車が真横になっているところ。
落ちないし、太鼓の音もこんな格好でも叩き続けるのです。


これが見られただけでも、よかったかも
なんで落ちないの~みたいな。
それに、乗っている人がすごくかっこよく見えた


今年初めての夏祭り。
疲れに行った感じかな。
人が多いのは疲れるね。


■生國魂神社(いくたまじんじゃ)■
住所  大阪市天王寺区生玉町13-9
     大阪市営地下鉄「谷町九丁目駅」から徒歩約5分
お休み 無休
料金   無料
電話  生國魂神社社務所 06-6771-0002  

上方落語協会が主催する『彦八まつり』も有名です。
スポンサーサイト

テーマ : お祭り&行事 - ジャンル : 地域情報

| お出かけ | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。