--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2009.06.14 16:58

昨日は鳥取に。
おばあさんちを取り壊すにあたって、整理に。

おっさんのおばあさん。
おじいさんが亡くなってから、一人暮らしをしていました。
数年前に施設に入ったので、一人で住んでいたこの家は無人に。

雨漏りし、屋根も崩れ危険な状態となり
この機会に土地共に処分することに。


前もって義母がこの日に合わせて
売買の手続き、仏壇の魂をぬいてもらう為に坊さんの手配
おばあさんの外出許可など、いろいろと手配。
近くなら即動けるのですが、遠隔地。
なんだかとても大変だったみたいでした。


私だけおばあさんちに先におろしてもらい
最後の仏壇の掃除。
お坊さんが来られるのでその準備。
それと
神棚の撤去とおふだを集める作業。
荷物の整理。

いるものはだいたい前に来た時に持って帰っているので
いらないものをまとめます。

私にとっていらないもの
でも
おばあさんには大事なものかもしれません。

服・着物・写真・ミシン・手紙・・・



施設から戻ってきた、ばあさんに聞きました。


「何もいらない・・・」


荷物には手も触れず、確認するわけでもなく座ったまま・・・



Z900207.jpg
孫たちの写真も大事になおしてありました。


おばあさんの思い出いっぱい。
処分してきました。
大事な思い出と一緒に。


ちょっとブルー入りますね。この作業。
おばあさんがまだ生きているからまだましなのかな。


スポンサーサイト

テーマ : 日々のできごと - ジャンル : ライフ

| 日記・エッセイ・コラム | コメント(6) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

その、おばあさんの何も要らないって気持ちが伝わった・・・
何も要らない、深い意味がありますね(泣)

| みゆきママちゃん | URL | 2009.06.14 17:12 |

てんちゃん
うーん。BLUE。
考えさせられますね。せめてそのおばあちゃんの娘さんや息子さんが大切に引き継いでくれるものならいいのですが。
私も、なき祖父・祖母の遺品を処分しないといけなかったときがありました。だから、わかります。でも住居スペースはそんなに広大じゃないのでどうしても制限があるもの・・・残念でした。

| isshy | URL | 2009.06.14 18:17 |

考えさせられますね・・・
何もいらないのではなく、全てが必要なんだろうなーと思います
要る、要らないの選択ができない、それなら、いっそのこと・・・
勝手にそう考えました

| snowwhite | URL | 2009.06.14 20:52 | 編集 |

みゆきママちゃん☆

もう、持っていけないのがわかってくれていたのでしょうか。
それとも、
家を出て施設に入るときに、心づもりはできていたのでしょうか。

私の初めての経験。
考えさせられたなぁ・・・

| てんちゃん | URL | 2009.06.14 22:30 | 編集 |

isshyさん☆

おばあさんの息子は義父。
大して何を持って帰りたい!ともなく。
他の兄妹も任せたと、帰ってこず。

そんなもんなんだ~

私の感想。
あっさりしてるんです。

施設に入ることやら、今回のこの整理などの件に関して
いろいろなことを経験しましたね。

私の身にもいずれはやってくることだから。
その日は必ず。

| てんちゃん | URL | 2009.06.14 22:49 | 編集 |

snowwhiteさん☆

そうか~
全部いるのか。
snowwhiteさんの
>すべてが必要
そうなのかもしれません。

選べない。

もう、記憶も遠のいて
足腰も弱くなって一人では歩けなくて
100歳まで数年のおばあさん。

そうなのかも。
ごめんねおばあさん。

心苦しいわ・・・

| てんちゃん | URL | 2009.06.14 22:58 | 編集 |

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。